ベンツSクラスの左フロントバンパー擦り修理です。
こちらは杉並区のカーディーラー様からの修理ご依頼分です。
激しく変形していますが、早く綺麗に直します! フロントバンパー左下部の擦り傷です。擦り傷というよりはどこかに乗り上げた時に
縁石等に激しく当ててしまったと思われます。
通常ですと変形が著しいので、バンパー交換ですが、今回は敢えて修理でとのご依頼でした。左フロントフェンダーとの繋ぎ目もずれてしまっています。内部損傷が気になります。まず修理のため、フロントバンパーを外します。車両側への損傷は特にありませんでしたので、
フロントバンパーの修理を進めていきます。左前のメッキモールは割れてしまっているので
新品に交換です。センターグリルの一部に割れがあり破損していますが、補修をします。バンパー本体は変形を修正するため、ヒートガンという車用のドライヤーを使用します。
髪を乾かすドライヤーと違って温風が出るわけではなく、遠赤外線のヒーターがハンドタイプ
になった感じのものです。ただし、半端なく熱いので、取り扱いにはじゅうぶん注意が必要です。
このヒートガンで変形してしまった部分をあぶって曲がったところを柔らかくします。
柔らかくなると、人力(軍手をした手)で形を修正していきます。冷めるとまたあぶって柔らかく
して修正をします。これを何度も繰り返して形成していきます。形成が終わると傷をペーパーヤスリで綺麗に削り落していきます。
微調整のため、整形用パテを薄く塗ります。専用ヒーターでしっかり乾燥させ、ペーパーヤスリで表面を研ぎます。綺麗に研いだ後、サフェーサー(下地塗装)を施し、専用ヒーターでしっかり乾燥させてから表面をペーパーヤスリで綺麗に研ぎます。最後に巣穴を埋めるパテを薄く塗り、専用ヒーターでしっかり乾燥させ、表面をペーパーヤスリで綺麗に研いでいきます。この時一緒に塗装用の細かい傷も塗装部分につけておきます。バンパーを塗装ブースへ移動し、マスキング(養生)ををすると塗装準備完了です。ボディ色とクリアを数回に分けて塗装し、しっかり乾くまで塗装ブース内で暖めます。
乾燥後、バンパーをしっかり冷ましてから綺麗に磨き、外した部品と交換する部品を組み込み、
車両に戻して完成です。当社は、ヤナセ ザ・ボディショップ ネットワーク グループの一員として、
高品質なボディリペアを提供しております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
お見積は無料!お気軽に03-3334-7303までご連絡ください。
メールでのお問い合わせもOK!
当社までの道順はこちら!
お客様の声はこちら!
無料代車もあります。

清和自動車工業株式会社
所在地 〒168-0081 東京杉並区宮前5-11-13
電話  03-3334-7303
FAX  03-3334-9801
定休日 日曜日 祝祭日 年末年始 GW お盆休み
営業時間 9:00-17:00(事前にご連絡頂ければ時間外対応も致します。)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――